聴こえの相談室

特定非営利活動法人 人工聴覚情報学会

難聴医療の進歩は目覚ましく、

聴こえに不安を感じた方や、聴こえを失ってしまった方、

新生児聴覚検査で難聴の疑いありと、再検査を受ける赤ちゃんの保護者へ、

「音を取り戻す」難聴医療の最新情報をお届けするサイトです。


https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/202005/CK2020052502000092.html

東京新聞記事URL

 

難聴児が言葉を獲得する優れたアプリの紹介です。

お子様が難聴という当事者なので、

体験による気付きがふんだんに盛り込まれているのが、

他に類を見ない発想のアプリだと感じています。

 


人工内耳装用者がMRIを撮りました。

その前準備の画像です。

人工内耳をしてもMRI検査を受ける事が出来る。疑問・不安な方の質問にお答えします。✉こちらからどうぞ。



 

人工内耳修理補装具申請の流れ。(東京都品川区の例)

 

人工内耳の修理のうち、補装具費支給対象となるのは「人工内耳用音声信号処理装置」の修理となります。

 

先ずは病院に相談をすることが何よりも最優先です。

ここのところを確実に押さえたうえで申請の準備をしましょう。

人工聴覚情報学会談

 

申請方法といたしましては、

指定医師に「人工内耳用音声信号処理装置 確認票」を記載いただいた後、

修理を希望する業者から見積書を作成いただき、

申請書と一緒に障害者福祉課へ提出いたします。

 

 

支給決定後、

ご本人あてに支給決定通知書・支給券・請求書兼委任状を郵送いたします。

業者に支給券を提示し、契約を結んだうえで、修理の依頼をしてください。


お知らせ

 

■2020年4月1日から補装具の項目に「人工内耳」の項目が加えられて、人工内耳修理が支給の対象になりました。

■人工内耳修理が補装具の取り扱いに含まれ認められました。
  詳細はお住いの市区町村障害福祉課でお尋ねください。

◎上記の取り扱いについて、市町村で対応がなされない事例がありましたら、

 人工聴覚情報学会にメールでご相談をお寄せください。対応のお手伝いをいたします。

 



新治療法の、

鼓膜再生が、

保険適用で、

始まりました。

聴こえを知る、

最適な参考書です。

人工内耳の

体験者の声を纏めた

貴重な資料本です。

 



難聴を認知症と誤認される事例が起きています。

それってヒアハラ?

 

生まれながらに聴こえなくても聴こえが・・・

人工内耳の仕組み


難聴疾病

「聞こえる」生活で豊かに

新生児聴覚検査のやり方

新生児聴覚検査



難聴児のための

専門家集団による

児童発達支援事業

放課後等デイサービス

2020年3月に開設されます。

 

聴こえ難い子供たちが学習をするのに、あると便利だなと感じた教科参考書を見つけました。外国人向けなので、すべての漢字にフリガナがあり、日本語と英文の並記があるので英語の勉強にも活用ができる。人工内耳装用者と補聴器装用の聴こえにくさのある子供達に、復習のツールとしてお薦めです。