補聴のデバイスの進化は目を見張るものがあります。

聴こえ難いをサポートする補聴のデバイスとして補聴器・人工内耳があります。

最適な聴こえを得るには「難聴医療」の

専門医がいる病院で受診をする事が大切です。

人工内耳は医療の人工臓器で

完成度の高い高度な医療です。

無責任な第三者の言葉に惑わされず、

必ず難聴医療専門医を受診しましょう。



医学の進歩は、

人生の可能性を拡げる

医療が人生を広げる。

“若年発症型両側性感音難聴” 難聴医療の進歩で音を取り戻せる。 難聴専門医を受診をお薦めします。

ゴールドリボン2022の

山口君ピアノ演奏



新生児聴覚検査シンポジウム

現状の報告と課題について講演

音声言語が中心の社会において「聴こえない」という事が、

生きていく壁になるのかを体験しなくても、多くの方には想像できる、過去は失聴してしまったら、もう二度とは「音」を聞く人生を歩むことは出来なかった。しかし今医療の進歩が「再び音を聴く」「音のない新生児が音を得る」を可能にしました。手話が通じない音声言語社会で生きていくには、例え聴こえ難くても「音」を得た人生の方が可能性も広がります。現実はシビアです、失聴して何処にも手話が通じないを体験したモノとして「聴こえ」の医療選択の正しい情報を得て判断をするのが大事だと思っています。           






「難聴と認知症」先端クリニック

記事の掲載がありました。

➡➡➡➡➡


お薦めのYouTube



聴こえる難聴者の聴覚活用にデジタルを!テクノロジーは難聴を克服のツール!



テクノロジーが難聴を克服する!

音声認識文字表記スケルトンディスプレイ

相鉄線「さがみの駅」で実証実験中

デジタルデバイスの活用が「聴こえ難い」解消




10歳で人工内耳してここまで育つ聴脳

ろう者家族の中で聴こえが欲しいと願い

10歳で人工内耳装用した方です。

 

人工内耳の聴能・聴脳が、

騒音下でもここまであると、

自分でも驚いています。

客観的に聴こえが判り易く、

人工内耳が有効な方には、

参考になると思います。



諦めない聴こえ。聴こえるを育てる。聴こえるなら育てよう聴こえを。聴こえを活かす。聴覚活用

補聴器で聴覚活用   人工内耳で聴覚活用


新生児聴覚検査を必ず受けましょう!乳幼児から就学時まで聴覚検査を受け続けましょう!




補聴器と人工内耳で「難聴」は克服、難聴診療の専門医を受診しよう。




人工内耳はいつがいい・・

新生児聴覚検査のやり方

新生児聴覚検査



難聴医療・聴覚活用補聴は難聴専門医に!


難 聴 治 療 の 進 歩 が 可 能 性 を 拡 げ る。



聞こえる生活で豊かに



聴こえる生活が人生を拓く



難聴医療の事は医療機関で診断を得ましょう。



 

無料で贈呈します。

 

体験談の冊子を、希望者に無料で差し上げています。

申込はこちらから







WHO(世界保健機関)のレポートによると、

全世界人口の65歳以上では1/3が難聴。

さらに10億人以上の10代や成人が難聴になるリスクを抱え、

2050年までには9億人以上が難聴になると報告されている。

 

45歳を過ぎたら4点法聴覚検査を受けよう。

早めの補聴が人生を豊かに醸し出します。

軽度難聴から補聴を考えましょう。



 

 

 

新治療法の、

鼓膜再生が、

保険適用で、

始まりました。



タブレットmimi設置区役所

品川区・大田区・世田谷区・板橋区・新宿区・中央区・豊島区・江戸川区・千代田区・荒川区・港区・文京区・台東区

 

品川区

高齢福祉課

板橋区

障害福祉課

高齢福祉課




聴覚障害児の放課後ディ