最新の難聴医療が、中途失聴した方に有効な場合があります。先ずは難聴診療科のある病院の受診をお薦めいたします。

大人になってからの失聴も改善の可能性があります。補聴器の補聴で会話が難しくなった方には可能性があります。


難聴医療・デジタルが難聴を克服する!




聴こえる難聴者の聴覚活用にデジタルを!テクノロジーは難聴を克服のツール!





10歳で人工内耳してここまで育つ聴脳

ろう者家族の中で聴こえが欲しいと願い

10歳で人工内耳装用した方です。

 

人工内耳の聴能・聴脳が、

騒音下でもここまであると、

自分でも驚いています。

客観的に聴こえが判り易く、

人工内耳が有効な方には、

参考になると思います。



諦めない聴こえ。聴こえるを育てる。聴こえるなら育てよう聴こえを。聴こえを活かす。聴覚活用

補聴器で聴覚活用   人工内耳で聴覚活用


お薦めのYouTube





人工内耳と補聴器

人工内耳の選択に悩んだら

難聴医療・聴覚活用

聴こえの相談室⇐ここをクリック

声援隊

難聴医療の進歩は目覚ましく、

聴こえに不安を感じた方や、

聴こえを失ってしまった方、

「新生児から高齢者まで」

新生児聴覚検査で難聴の疑いありと、

再検査を受ける赤ちゃんの保護者へ、

「聴覚活用」難聴医療の相談と情報を

お届けするサイトです。



「きこえる」を活かす情感豊かな人生の「音」を如何に得て生きるか。

可能性を否定することなく取り組み掴んだ人生。

聴覚活用の道は「そこにある」



裸耳スケールアウト、人工内耳で聴力検査して20db



人工内耳はいつがいい・・

新生児聴覚検査のやり方

新生児聴覚検査



難聴医療・聴覚活用補聴を諦めない!


難 聴 治 療 の 進 歩 が 可 能 性 を 拡 げ る。



聞こえる生活で豊かに



聴こえる生活が人生を拓く



難聴医療の事は医療機関で診断を得ましょう。



人工内耳で聴こえる生活を豊かに生きる。音に溢れる空間に包まれた人生を人工内耳が与えてくれる。

あなたの補聴に人工内耳が可能性を拡げます。

 




 

無料で贈呈します。

 

コロナウイルス感染予防で人工内耳勉強会の開催を自粛しています。

勉強会で生の体験談を、

今は自粛で聴く機会がなく

その代わりになる体験談の冊子を、希望者に無料で差し上げています。

申込はこちらから




WHO(世界保健機関)のレポートによると、

全世界人口の65歳以上では1/3が難聴。

さらに10億人以上の10代や成人が難聴になるリスクを抱え、

2050年までには9億人以上が難聴になると報告されている。

聴覚活用を諦めない「難聴医療」「最適な補聴」 

早期の補聴が人生の豊かさに繋がります。



45歳を過ぎたら4点法聴覚検査を受けよう。

早めの補聴が人生を豊かに醸し出します。

軽度難聴から補聴を考えましょう。




 

 

 

新治療法の、

鼓膜再生が、

保険適用で、

始まりました。



タブレットmimi設置区役所

品川区・大田区・世田谷区・板橋区・新宿区・中央区・豊島区・江戸川区・千代田区・荒川区・港区・文京区・台東区

 

聴こえ難い難聴の方に向けた、聴覚活用情報保障の整備が遅れています。

手話は解らず、手書き筆談は単語の羅列でニュアンスが伝わらず。

こんな時のパーソナル情報保障ツールとして有効なツールです。

品川区

高齢福祉課

板橋区

障害福祉課

高齢福祉課




東京都港区では、タブレットmimiが日常生活補装具補助の対象になっています。

聴覚活用の方が、聞き漏れた聞き逃した「言葉」の確認に便利に活用できます。

山形県山形市においてもポケトークmimiが補助対象です。


ヒアリング

フレイル

「ヒアリングフレイル」とは、

聴覚機能の低下による

コミュニケーションの問題や

QOL低下などを含み、

身体の衰え(フレイル)の一つです。




聴覚障害児の放課後ディ