· 

人工内耳と手話

NHKの番組で広く活躍している人工内耳装用者がいる、

一方で手話言語の方は、「ろうを生きる・難聴を生きる」

「手話ニュース」手話の時間と限られた、

福祉範疇の番組での活躍しか場を得られていない、

なんだかNHKの中で「ろう者」を、

人工内耳装用者と同じような活用はなく、

音声言語社会が優位ということなのだろうか?

「あさイチ」に手話言語のろう者が一人いてもいいのに、

Eテレの番組でしか目にする機会がない手話出演者を、

NHK総合番組でも活用してくれていれば、

もっと手話に触れる機会の創出にも繋がりますし、

人工内耳装用者と同じ番組に手話ろう者も出演して、

聴覚障害といえども様々と理解も得やすくなる。

 

今年も24時間テレビの季節がきます。

どういうわけか人工内耳装用者が取り上げられたことがなく、

テレビ業界の方は人工内耳を知らないのだろう。

まだまだ知られていない「難聴医療」の人工内耳ですね。