· 

電話リレーサービスCM

音声言語社会において聴覚障碍者が生き難い、

その解消の一助になる電話リレーサービスが始まっている。

あらゆる角度から生き易さをサポートする、

難聴の生きや薄さ社会環境整備が整ってきつつあります。

しかしこの構想が実現するまでに掛かった時間を生きた、

その時代の聴覚障害者は享受することなく世を去った方もいます。

 

人工内耳一択というわけではなく、

手話も口話も読話も筆談も活用して、

自己努力で生きてきた環境を、

社会環境整備が整う事で、

生き易くはなってくるが・・・

現実には手話は一般人には通じない・・・

自己努力の一つとして人工内耳を選択せざるを得ない、

そに選択に対して他者があれこれ言うのはいただけない。

 

難聴医療が正しく伝わってこなかった過去の反省から、

難聴医療を正しく伝えていく必要を強く感じます。

 

人工内耳をしたら、

手話を使ってはならない・・・と、

実際に聞いた方の言葉の解釈が違っているかも・・・

リハビリには手話を使わずに、努力する・・・

骨折されたかのリハビリも車いすは使わずに行い、

リハビリ後の日常生活に車いすを使うな・・とは言わない。

同じ発想だと考えてみるのは如何だろうか・・・