· 

難聴と補聴器と人工内耳

難聴者が補聴器・人工内耳をすると、

健聴者になるとは誰も言っていませんし、

誰もがそう思っていない。

ただ音声言語社会のなかで多少は生きやすくはなる、

そこは誰もが感じている処だと思います。

その多少の生き易さを得るが、逆に生き難さも感じて、

聴こえ難い事の対処に日々疲れてしまう事も確かにあります。

ですが聴こえない世界で生きていく事の困難さも知っているから、

不便な充分ではない聴こえなのだけども、

聴こえるを選択して生きていく。

難聴医療の進歩が過去の不可能を可能に変えた、

補聴器で聴こえなくなってしまったら、

以前の時代であったら聴こえないまましかなかった。

今は難聴医療の進歩で「音」を得る事が可能になった。

その最たるものが現在は「人工内耳」「人工中耳」であり、

未来は再生医療がそれに取って代わる時代が来るかもしれない。

 

音声言語社会に「聴こえ」がないと生き難い、

ただそれだけの事なので聴こえを得ようと考える人が多い。

結果はどうあれ、聴こえを求める気持ちに対して、

第三者が判断を誤るような情報の提供は無用に願いたい。

どんな分野の病気でも「先端医療」を受けたいというのが、

通常は人間の思考としてあると思っています。

良き医療に良き医療者に出会いたいと願ってますよね?

難聴医療の「補聴」に偏見を持たずにいて欲しいと願うばかりです。