· 

人工内耳のデメリット?

人工内耳のメリット、デメリットということを聞くが、

人工内耳と手話を同列に論じられているのが、

一番のデメリットに感じています。

メリットは言うまでもないが音を聴くことが出来る、

補聴器で聴こえなくなってしまっても、

人工内耳にすれば再び音を聴くことが出来る。

そこが一番のメリットではないかと思います。

音声言語社会の中で生きるには「音」が重要な要素であり、

その音を失ってしまってはコミュニケーションが出来なくなってしまう。

聴こえる音が「会話」として捕捉できるかどうか、

個人差があることで健聴者にはなれないが、

軽度もしくは中等度の難聴者として生きていける。

その聴こえを中途半端で意味がないというのであれば、

元来の軽度難聴者。中等度難聴者の存在を否定するに等しいと感じます。

重度で聴こえない状態から、健聴者にはなりませんが、

軽度・中等度難聴として生きていけるのならば、

それもメリットと言ってもいいのではないかと、

だからデメリットは手話と人工内耳・・・と、

比較しようのないものを論じられている事の、

それがデメリットだと思います。

メリットとデメリットの視点思考もおかしなものだなぁと。