· 

聴覚活用と人工内耳

難聴医療の進歩が聴覚活用を、

高度難聴であっても可能性の道として、

人工内耳の出現によって成し遂げられた。

聴こえないそのままを選択する事と、

人工内耳医療の選択をする事の、

選択肢が広がったのは進歩といえます。

選択肢がない時代と比較して、

選択肢が増えているのはよい時代と言えます。

聴覚活用に光を求める事が出来るのは、

過去には望みえなかった事でした。

人工内耳の存在は科学の進歩成果と言っていいかと思っています。

選択肢の自由があるのですから、

どんな選択肢の選択をしても、

誰もがその選択で幸せが得られます。

と、考えています。