· 

人工内耳と難聴遺伝子診断

新生児聴覚検査で早期に発見された難聴の措置を、

人工内耳が有効かどうか難聴の遺伝子検査によって、

早い段階で診断の確定が出来るようになっています。

新生児難聴と診断されたら「難聴の遺伝子検査」を受け、

人工内耳が有効か、補聴器で補聴が得られるかの診断を得ましょう。

人工内耳の進歩もあり、早期装用が大きな効果を得る事に繋がっています。

補聴器で聴こえに苦しむよりは、人工内耳の方が最適な場合も多く、

新生児聴覚検査で再検査のお子さんを早く、

難聴医療耳鼻咽喉科で診て貰いましょう。

 

未来の再生医療の可能性も僅かにみえる、

だからこそ人工内耳で聴覚野を育てていく事が大事になります。

人工内耳が有効という診断が出たら、

躊躇なく人工内耳を選択していく事が、

再生医療の道にも繋がっていきます。

 

人生100年の時代に、

医学の進歩は「今・現在」よりは、

必ず何某かの進歩があります。

そこに希望を託していけると思っています。