· 

人工内耳と試験

とある国家資格の試験を受けた時の事、

試験監視員の方から補聴器を外してください、

と言われました。

なぜですか?

と聞いたら外部との通信が可能と思われる、

そういったものは外してもらうのが規則という。

眼鏡にカメラがついている時代だからこその、

不正を防ぐための思考だと理解は出来るが・・・

補聴器ではなく人工内耳ですと説明して、

外部と通信が出来る機械ではないと、

しかしかたくなに外せという。

 

補聴器と人工内耳が外部機器と通信が出来るのは便利、

その一方でその機能を不正に使いう人がいると想定するのが、

試験実施側だと思います。

 

もし外して試験を受ける事を強要するならば、

その対策がなされているのかと聞くと、

ただ外せばいいとだけ言う。