· 

人工内耳の動産保険

皆さんは、人工内耳の動産保険に加入するのだろうか?

その目的は、万が一の損害の填補が出来る安心が得られることが、

加入の一番の理由になると思います。

人工内耳の場合の、万が一の損害とは何だろう?

故障の修理は補装具で補助があります。

メーカーが部品供給終了後の、

修理不能となったら健康保険で填補されます。

ケーブル等の断線は、これも健康保険で賄える。

人工内耳の万が一は、盗難?紛失?交通事故とか?

自然災害とかでしょうかね。

私は人工内耳装用し20年を過ぎた処で、

人工内耳動産保険をかけてこなかった。

もし人工内耳動産保険を掛けていたら、

20年で保険料が幾らになっていたのか・・・

両耳人工内耳になって6年を過ぎているので、

その両耳人工内耳動産保険をかけていたらと計算した。

かなりの金額になってビックリです!

でも、人工内耳の紛失が対象であったら、

人工内耳動産保険を掛ける意味はあると思いました。

何故に人工内耳動産保険を掛けないのかというと、

人工内耳の紛失を填補しないからである。

動産保険に加入した方がいいのか・・・

明確な判断が出来ずにズルズルと今に至っています。