· 

人工内耳と新生児聴覚検査

新生児聴覚検査の公費負担が多くなってきつつある、

その利点は早期に高度難聴児が発見できることに尽きる、

近年の難聴遺伝子検査の進歩もあり、

人工内耳を選択する根拠が明確に診断が出来ています。

信頼できるDrとの縁が繋がるよう願っています。