· 

人工内耳と動産保険

人工内耳の動産保険を加入しようか迷うと言う声を聞きます。

私は動産保険に加入していません、人工内耳生活20年を過ぎて、

動産保険のお世話になるような事態もなく来ています。

例えばですが、動産保険を20年間掛けて来たとして、

動産保険に加入してきた総額の金額をみて、

動産保険にお世話になる事態がない場合には、

全くの損失でしか感じない大きな金額です。

しかも紛失には適用されないのですよ。

人工内耳両耳装用の2台に保険を掛けたら・・・

 

私は別の案件ですが、動産保険を過去に使ったことがあります、

それは音楽イベントを開催するときに楽器の破損等が生じたらと、

イベントで使う楽器に動産保険を掛けました。

移動中の事故で損壊したり、盗難にあったときの為にと、

300万円の高額な楽器でしたので掛けた動産保険でしたが、

人工内耳の動産保険と比較して安価でした。

人工内耳の紛失に適用される動産保険であれば、

人工内耳動産保険に加入する意味があるかもしれませんが、

難聴と言う事でかかる費用が健聴者よりも多くある中で、

人工内耳の修理や人工内耳消耗品は補助があるが、

万が一の紛失と電池には補助もなく、

国の仕組みの中で補助して戴ければと願っています。

人工内耳装用した20年前から声を挙げていましたが・・・