· 

人工内耳の紛失

人工内耳を装用すると、動産保険の加入を案内するチラシが付属品バッグの中にあります。

保険に入る意味はなんだろうか?どこまで補償があるのか、

詳しいことが資料からは読み取れないと思っています。

保険に入る目的は、

例えば紛失してしまったとか、盗難にあったとか、

いろいろあるが人工内耳の紛失には動産保険で補償されない!

であれば保険に入るメリットを明確に説明できるかというと、

その説明を聞く機会が全くないのが現状です。

いざ保険を活用しようと申請すると、

それは対象ではありません・・・というパターンが多く、

人工内耳動産保険の加入時に、

説明を受けて納得を得て戴く販売方法にして欲しいものです。