· 

人工内耳の動産保険

人工内耳の動産保険が必要かなぁ・・・と、

どんな時に動産保険が有効なのかわかりずらい、

先ず紛失には適用がされないし・・・

修理の時は補装具助成でカバーされるし・・・

新製品が出て既存の機種が修理不能となれば、

修理不可で健康保険で新製品を入手できますし、

台風?水災害?地震?・・・自然災害は適用でしたっけ?

一番心配なお子さんの紛失が適用外なので・・・

明確に「これがあるから」「このために」と誰か説明して欲しい、

無事故割引もないから、割引はなく値上げは諸般の事情でと、ある。

10年間無事故だったら、その支払ってきた保険料の総額が幾らになるかをみると、

人工内耳の動産保険って・・・

人工内耳だけに特化した人工内耳動産専用保険が必要な時期と思います。

既存の動産保険を人工内耳にも当てはめての保険販売の時代は、

人工内耳装用者が15000台を超えた時代にそぐわないと思っています。

子供の紛失に適用されない人工内耳動産保険は意味があるのかな?と・・・

皆さんはどうされていますか?