· 

風切り音

台風の季節に限らず風の強い日は、人工内耳・補聴器に入る音の方が大きく聴こえて、会話が困難になることがあります。

テレビ局の台風実況放送時に風切り音が入ることがあるが、テレビ音声を聞いている限りでは、かなり抑え込まれているのを感じます。テレビ放送のマイクに入る風切り音の処理が上手なのか、機器の性能なのかどっちだろうと、いつも台風の季節になると思う。裸耳でも風が強すぎる時には聴こえが悪くなるのだから、人工内耳・補聴器の機械処理では、限界点が低くなるのは仕方がないのかもしれませんね。