· 

人工内耳とノーベル賞

 秋になるとノーベル賞の話題で盛り上がる、

今年こそは人工内耳関係者が受賞するのではないかと、

人工臓器でただ一つ成功をした「人工内耳」が、

他の人工臓器にない「通常の日常」が得られるのが画期的で、

人工内耳を付けて「日常生活」が可能です。

いつかはノーベル賞の受賞が叶う事をこの季節になると願っています。