· 

難聴と補聴器

聴こえ難くなって、難聴と認識をしていても補聴器の装用をされる方が少ない、聴こえ難さを受け入れての生活をされているので、それはそれで一つの生き方と思います。厄介なのは聴こえ難くなって積極的に補聴器を装用する意識をお持ちの方で、補聴器が役に立たないと憤慨する方です、聴こえ難くなってしまったら、聴こえを元に戻すことはできないのが今の医療の限界です。ただし聴こえ難さの改善を多少でも出来る難聴医療と補聴器はあります。何が聴こえて何が聴こえないのか、ただただ単に聴こえないと思い悩む方が多く、聴こえが元には戻らない事をよく理解して、その中で何が聴こえるようにあればいいのか、音は確実に聴こえるようになりますが、聴こえの弁別能力が低下しているので、言葉を聞き分けることが難しくなる。ですが補聴器の進歩と調整の進歩が目覚ましく、根気よく聴こえを得る調整をしていくことで、聴こえが元には戻らないが、必要な聴こえを最小限は得ることが可能になっています。現在の難聴医療と補聴器には限界があることを知って、聴覚が低下した聴こえを補える手段と受け入れて人生を楽しんでほしいと願っています。失われたものを、失われる前の状態に戻すことは、すべての医療で不可能な事です。特に感覚器生活必需の聴覚は元に戻らないと理解して、聴こえないままに放置するのではなく、多少でも聴こえを弁別が得られる補聴に向けてリハビリを頑張ってください。