· 

新生児聴覚検査と人工内耳

新生児聴覚検査の助成が各地に広がっています。まだまだ取り組みの遅れている地域が多いですが、今後は新生児聴覚検査の助成がない地域はなくなっていくものと考えています。新生児の時点で難聴を発見できることで、母語・言語の療育を早期に行うことが可能になりました。聴こえている聴こえていないにかかわらず、早期に母語・言語を獲得する環境が必要であり、それが聴こえている聴こえていないによって、それぞれに療育の手段方法が違っていることから、早期発見が大事になっています。そこから過去には聴こえずに生まれた新生児は一生涯を聴こえない人生を歩むことになったが、現在は人工内耳によって音を得た人生を送ることも可能になっています。難聴医療の進歩が可能にした「聴こえる人生」の道が拓けたことから「新生児聴覚検査の助成」も増えてきてるのだと思っています。デバイスの進化や術式の進歩もあって、人工内耳の効果を享受する子供たちが増えてきています。聴覚支援学校・聴覚支援通級・ろう学校に通う子供達の人工内耳装用者の人数も増えていて、普通学校に通う子供もいます。難聴医療の進歩が生まれながらに聴こえなかった子供達の人生を劇的に変えたといえます。未来は「再生医療」の可能性も僅かながら見えていて、難聴が克服されていく時代が来るのかもしれません。