· 

難聴と認知症

今まで難聴とかかわりのない方が、高齢になって難聴になると、高齢による認知症のリスクと相まって、難聴を放置すると尚更に認知症のリスクが高まるようです。高齢による認知症予防には「脳トレ」が有効と言う事で、セミナーなども活況で順番待ちもあると聞きます。引き換えて高齢による難聴は補聴器である程度のカバーが可能なのですが、補聴器販売店や難聴専門医療機関が混雑している様子はありません。同じ認知症への備えなのですが、片や順番待ちで、もう一方はいつもと変わらずなのは、認知症への備えではなくて、とりあえずはやっておこう、あるいは流行に乗っておこう、認知症に真剣に向き合っているとは感じない現象のように思えてなりません。いくら脳トレに通っても「聴こえ難い」を放置したままだと、脳トレの効果を得ることに繋がらないと思います。聴こえ難いを放置しない事が大事だとわかって戴けると、キット放置をしないで良かったと思う結果になると思っています。デジタル機器の進歩は想像以上です。聴こえ難いと感じているならば、一度、耳鼻咽喉科もしくは補聴器販売店協会加盟の補聴器販売店で相談をされることをお薦めいたします。