· 

感染症が人生を

 コロナウイルス感染症で、埼玉県で50代の男性が亡くなったと報道がありました。

保健師さんが健康状態を確認して入院の手はずを整えていたが、間に合わずになくなってしまっていたようだ、まだまだこれからの人生があっただろうにと残念な結果となっている。

 感染症の罹患は人生を大きく左右する、それは命ばかりではなく、例えば風疹症候群難聴も同じです。

 妊娠初期に風疹の抗体がなく風疹に感染してしまうと、その生まれてくるお子さんが難聴となってしまいまいます。

風疹に感染さえしなければ、風疹症候群として生まれることなく、聴こえを失うこともないはずだった、そのお子さんの人生も大きく違ってくるはずなので、風疹の流行が起きないように社会全体で風疹感染症の抵抗力を創っていくことで、風疹症候群難聴は撲滅が可能だと思っています。

感染症は怖い。

コロナウイルスワクチンが出来たら、ワクチン接種を受けようと考えています。

ワクチンで防げる罹病は防いでいくことで、誰かの人生を壊すことがない社会にできます。

あらゆるワクチンがある、ワクチン接種を考える機会になった、コロナウイルス感染がもたらしたものを直視しています。